母乳不足になると

綿毛と空

最近は粉ミルクの開発がしっかりと行われているので、母乳不足になっても赤ちゃんはしっかりと育ちますが、やはり母乳育児にはいくつかのメリットがあります。

その中の一つに経済的に助かると言うことがあります。粉ミルクを利用するとその分のお金が必要になりますが、母乳の場合にはお金は必要ありません。また母乳を飲むことによって赤ちゃんの胃や腸に負担をかけなかったり、免疫物質をたくさん含んでいるので、病気になりにくいということも上げられます。

妊婦にも安心

たんぽぽ2つ

母乳不足に悩んでいる人は、たんぽぽ茶を飲むと効果があります。母乳は血液からできているので、血液の流れが良くなれば、母乳分泌を促すことになります。

たんぽぽ茶にはたんぽぽの根の部分が含まれており、このたんぽぽの根には血液の流れを良くする成分がたくさん含まれているのです。またカルシウムや鉄分やビタミンなど妊婦さんに必要な栄養素もたくさん含まれています。ノンカフェインと言うこともあり、妊婦さんでも安心して飲むことができると言うところもうれしいです。

最近の妊婦さんの特徴

タンポポ詳細

昔は妊娠すれば、妊婦さんはおなかの中の子どもの分までしっかりと食べて栄養をたくさんとりなさいと言われていました。

しかし最近ではこのような傾向はなくなってきており、妊婦さんでもしっかりと栄養のことを考えて食べすぎには注意しなさいと言うことが言われています。このような中で太ると言うことだけを気にするあまり、食生活が乱れている妊婦さんもたくさんいるのです。その結果栄養不足になり、最終的に母乳不足になるということがあります。

安全性とメリットについて

綿毛 下から

たんぽぽ茶は、中国検疫局の輸出製品検査に合格したたんぽぽ根を使用しています。また、国内でも徹底した残留農薬検査を行っています。黒豆と発酵ギンネムは国産品を使用しています。ですから、安全性が高く、たんぽぽ茶は小さなお子さんにも最適です。

製品は、ティーバッグなのでいつでも手軽に飲むことができます。たんぽぽ茶のメリットは、完全母乳を可能にするところです。そのため、母乳育児中のミルクにかかる支出を抑えることができます。

効能と栄養について

タンポポ群生

たんぽぽ茶は、血行促進作用があります。そのため、十分な血液を子宮に届けることができます。また女性ホルモン分泌を促すので、排卵などの機能が正常に働くようになります。女性ホルモンのバランスを整える効果があり、妊娠率を高めることができます。

その他に、ストレスを緩和して良質な睡眠へ導きます。栄養面においては、ビタミンB2・ビタミンC・鉄分が豊富で妊婦さんの健康をサポートします。また、母乳育児中に必要な水分量を補うことができます。